アルコール性肝障害
生体に摂取されたアルコールの大部分は肝臓で代謝される。アルコール性肝障害とはアルコール飲料の過飲により生じる肝疾患の総称で、大きくは、
脂肪肝肝炎肝線維症肝硬変 に分けられる。
  アルコール性肝障害の診断基準(試案)を以下に記す。
 アルコール性肝障害診断基準試案(旧文部省総合研究高田班より抜粋)
  • 常習飲酒家(平均日本酒換算3合以上/日の飲酒)または、大酒家(平均日本酒換算5合以上/日の飲酒を5年以上継続した場合、ただし女性の場合はその2/3程度、またALDH(アルデヒド脱水素酵素)2活性欠損者では、3合以下/日の飲酒でもアルコール性肝障害を起こしうる)。
  • 4週間の禁酒によりGOT、GPTが80IU/l以下になる(禁酒開始前の値が100IU/l以下の場合は正常値になる)。
  • 次のうち少なくともひとつが陽性。
    • 4週間の禁酒により、γ-GTPが禁酒前の値の40%以下、または、正常値の1.5倍以下になる
    • 禁酒により肝の大きさが著明に縮小する。

日本酒1合(アルコール量約20−25g)は、ビール大瓶1本、ウイスキーダブル1杯、ワイングラス1杯半に相当する。

 アルコールの過剰摂取により最初に起こる疾患は 脂肪肝 であり、肝細胞に中性脂肪が蓄積して、肝臓全体が腫大する。長期に大量飲酒を続けると肝の線維化が進行し、 肝線維症 から毎日5合程度10年以上で 肝硬変 に至る場合がある。また常習飲酒家が、連続大量飲酒を契機に発症するのが アルコール性肝炎 である。
アルコール性肝炎(臨床的)の診断基準(旧文部省総合研究高田班より抜粋)

  • 必須項目
    • 飲酒量の増加を契機に発症
    • OT優位の血清トランスアミナーゼの上昇
    • 血清ビリルビンの上昇(2mg/dl以上)
  • 付加項目
    • 腹痛
    • 発熱
    • 白血球増加
    • ALPの上昇(基準値の1.5倍以上)
    • γ-GTPの上昇(基準値の2倍以上)

  アルコール性肝障害の予防は、断酒または節酒すなわち「飲酒を控える」の一語につきる。またすでに肝障害が見られる場合は禁酒が必要である。