B型肝炎
 感染者の血液、精液を介して非経口的(母児感染、性交渉、医療従事者の針刺し事故など)に感染する。一般に母児感染ではウイルスが排除されずに キャリア (ウイルスが持続感染の状態にある人)となる場合が多く、成人に感染した場合は、 急性肝炎を発症することはあっても持続感染状態に移行することはまれである。 キャリアのうち約1割が慢性肝炎を発症し、さらに一部が肝硬変、肝癌へと進展する急性肝炎では1〜6ヵ月の潜伏期間を経て、全身倦怠感、食欲不振、嘔吐、黄疸で発症する。予防にはワクチンや免疫グロブリン(HBIG)が用いられる。 慢性肝炎の治療にはインターフェロンや抗ウイルス薬(ラミブジン)が用いられる。