経鼻内視鏡検査について


「嗚咽感が無い、胃・食道の内視鏡検査!」
経鼻内視鏡 胃や食道の検査を受ける時、一番に頭に浮かぶのは「おぇ!」っとくる嗚咽感ではないでしょうか?
実際、人間ドックや定期健診時に一番いやなものは?ランキングで、常に上位入賞しているのが、この内視鏡検査であることは間違いありません。
検査時にのどには麻酔を施しているとはいえ、やはり1センチ前後の太さがある内視鏡を飲み込まなくてはいけませんので、どうしても咽頭反射(口を開けて、指をのどの奥まで入れた場合に、「おぇっ!」となる現象) を起こしてしまいます。
このため、内視鏡検査は「つらい」「苦しい」と感じる方が多いのではないでしょうか?

経鼻内視鏡の導入

経鼻内視鏡カメラ部 大きさ比較 この度当クリニックでは、検査時のご負担(苦痛)を少しでも軽減できるように、経鼻内視鏡(口から挿入するのではなく、鼻から挿入できる内視鏡)を導入いたしました。
経口内視鏡に比べ、咽頭反射はほとんど起こさないうえ、検査中の負担も軽減されますので、今まで内視鏡検査に不快感を覚えておられた方もお試しください。
※経鼻内視鏡検査は、事前予約が必要となります。詳しくは、検査予約時にご確認ください。

経鼻内視鏡検査の注意事項

経鼻内視鏡検査機器・経鼻的挿入のため、鼻腔麻酔が必要となります。
まれに、出血を起こす場合がありますが、内視鏡を抜去後鼻を押さえていただくことで止血することができます。
・検査後は鼻を強くかまないようにしてください。出血の原因となる場合があります。
・ポリープの除去等、経鼻内視鏡では対応できない場合があります。
・鼻腔が狭い方(経鼻内視鏡が挿入困難)の場合、経口挿入に変更させていただくことがあります。

経鼻内視鏡検査の流れ

@経鼻内視鏡検査の予約
A説明書、同意書・問診票の受領と記入
B検査前日
 夕食は軽めに摂り、21時以降の飲食(水を除く)は避けてください。
C検査当日の朝
 飲食(水を除く)、喫煙、薬の摂取は避けてください。
 ※日頃飲まれている薬につきましては、問診時にお聞きします。
D検査前の準備
 胃の中をきれいにするため、白い液状の薬を飲みます。
E鼻の麻酔
F内視鏡検査
G検査終了